2013 valentine’s day

洋菓子屋の陰謀で2月14日は、どうやらチョコレートを食べる日になってしまっています。

洋菓子一般を扱うラ・ソネ菓寮でも、もちろんチョコレートに力を入れる期間です。

トリフ カシス

トリフ カシス

トリフ グランマルニエ

トリフ グランマルニエ

トリフ キリッシュ

トリフ キリッシュ

上の三種類は定番のトリフ。
名前にもなっているリキュールで風味付けしています。
リキュールをしっかりと感じることができます。

トリフ キャラメルサレ

トリフ キャラメルサレ
一昨年くらいから作っているセンターに
塩入キャラメルを混ぜたチョコレートを使っているトリフ。
キャラメルとチョコレートは文句なしの相性。
塩がいい感じのアクセントになっています。

ボンボンショコラ フランボワーズハート

ボンボンショコラ フランボワーズ ハート
今年から始めた型抜きのボンボンショコラ。
中にはホワイトチョコレートと赤いフランボワーズが入っています。

ジャンドゥーヤ2013

ジャンドゥーヤ
ナッツの香ばしさとチョコレートの甘味苦味酸味をダイレクトに感じてください。
二つのモノの相性が良いことをマリアージュというのであれば
ナッツとチョコレート、この組み合わせもマリアージュと言うべき。

チェリーボンボン

チェリーボンボン
1個、丸ごと口の中にいれ、種が入っていることを気にしながら
『パキッ』と歯でチョコレートを砕いてみてください。
アルコール度数ちょっと高めのシロップが砕かれたチョコレートの間から舌の上へ広がるでしょう。
もしかしたら酔ってしまうかもしれません。
召し上がるときには充分お気をつけください。
※去年収穫されたサクランボ佐藤錦をアルコール度数40度のキルシュリキュールに
  半年ほど漬けて使っております。アルコール度数と種にはお気をつけください。
  

生チョコ (パヴェ)

生チョコ(パヴェ)
硬いチョコレートを歯触り、舌触り、良くするために軟らかくしました。
一口食べれば至福のときを持つことが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です