ノアケーキ

名前の由来
このお菓子の名前であるノアはフランス語で黒い色(Noir)と胡桃(Noix)の事を指します。
少々スペルは違いますが・・・
なので黒くて胡桃の入ったお菓子ということになります。

30年の味・・・
当ラソネで30年以上作りつづけたお菓子で、当初からプロポーション(割合)を変えずに作っています。
この前壊れてしまったこのケーキを久々に食べましたが、つくずく旨いなーと感じました。食べ応えがしてほろ苦さは、さすが30年の味だと思いました。

うまさの秘密
このノアケーキの旨さはたぶん多めに入ったココアとしっとり感を出すために入れた牛乳によるものだと思います。そのため食べ応えと存在感があるのだと思います。
上にかかっているチョコレートはガナッシュ(生クリームとチョコレートを同量入れ溶かしたもの)というクリームです。
まあ、女性・子供(差別してすみません)には、あまり好まれないかもしれません、そこがこのノアケーキのいい所かもしれません。

※写真はホールタイプで切り分けていただくものです。それをカットしたもの(@250円)、その他にそのままの形で小さくし、一人用に作ったもの(@160円)もございます。

 

2 comments to “ノアケーキ”
2 comments to “ノアケーキ”
  1. Pingback: 2011年夏の春日山音楽祭 | 仲野享子フルート教室

  2. Pingback: 今日は柏崎で経麻呂先生のコンサートでした。 | 佐々木勇一ギター教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です