ガレット デ ロア

1月6日はイエスキリストが世に現れた日(なんだか理解しにくい表現ですね)で

公現節とも言われています。

その公現節を祝って作られ食べられる “ガレット デ ロア”(王様の平たい丸いもの)

ガレット デ ロアの中にはフェーブを入れて焼いてあって

切り分けたときにフェーブが入っていた人がその日、王様、女王様に

なるわけです。

フェーブとはフランス語で空豆のことで空豆を入れて焼いていたのですが

現代では空豆の代わりに陶器の人形やキリスト教に関係するもの等々が

使われております。

召し上がられるときには充分に注意してお召し上がりくださいませ。

フェーブ

今年のフェーブたちです。

よくこのような小さい人形を作るものだと関心しきりです。

ラ・ソネ菓寮ではフェーブ入りの ガレット デ ロア は1月6日にしか作りません。

ご来店お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です