2015/2/10 モノクロ映画×北欧ジャズ ”Markens Grøde”×In the Country

141226

ノーベル文学賞受賞者原作、1920年代のサイレント映画 に
ノルウェーのバンドIn the Countryがその場で演奏をつける。

2015年2月10日(火)19:00 開場 19:30 開演  ラ・ソネ菓寮
自由席  前売 3,500 円  当日 4,000 円
*サイレント映画は日本語字幕入り。

●映画 ”Markens Grøde”(「土の恵み」)
ノーベル文学賞受賞者Knut Pedersen Hamsun (クヌート・ぺ―ダ―シェン・ハムスン)原作、Gunnar Sommerfeld 監督、1921年作品

ノルウェーを代表する作家クヌート・ハムスンのノーベル賞受賞作を、デンマークの俳優グンナー・ソマーフェルツが映像化。荒地に家を建てて暮らし始めたイサクとインガーは、苦難の果てにささやかな幸福を得るが、障害を持って生まれた子供をインガーは手にかけてしまう…。ノルウェーの雄大な自然を背景に描かれる開拓者たちの物語。

ハムスンは、直江津に降り立ち継続団子を食べて自殺を思いとどまった林芙美子が『放浪記』を書くにあたり多大な影響を受けた作家といわれている。

●In the Country
Morten Qvenild は Susanna & the Magical Orchestra のキーボード・プレイヤー。これまで Jaga Jazzist, Shining, The National Bank, Solveig Slettahjell (Slow Motion Quintet)でも活躍している。 Roger Arntzenは デュオのBallrogg、Shining のメンバーが参加するChrome Hill、またHåvard Stubø Trioでもベースを弾く。Pål HauskenはSusanna のバックを務めたこともあるが、最近では クルト・ヴァイルの音楽を演奏するバンド Music for a While でFarmers Market のStian Carstensen やJaga Jazzist のMathias Eick とともに活躍中だ。バンドは「2004年ベスト・ノルウェー・若手ジャズ・アーティスト賞」、「2012年第11回 インディペンデント・ミュージック賞 ヴィデオ・長編部門」受賞。

141226-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です