2015年公現節。

クリスマスにイエスキリストが人知れず馬小屋で産まれてから

約2週間後の1月6日に東の方向から三人の学者(東方の三賢者や東方の三博士とも呼ばれる)が

聖母マリアと幼子イエスの元に来て

「この子は我らの救世主になる」と告げた(世に知らしめた)という1月6日公現節。

 

クリスマスイブにサンタクロースが来てプレゼントを置いていくのが一般的ですが

どこかの国は1月6日に良い子にだけプレゼントをする魔女が現れるそうな。

 

洋菓子屋の陰謀と言ってしまえばそれまでですが

今年も1月6日にだけ作るお菓子 ガレット デ ロワ を焼きます。

もちろん陶器製のフェーブ入り。

くれぐれもお気を付けくださいませ。

 

 

以下、今年の新作フェーブのご紹介。

今回紹介した以外のフェーブもあります。

必ず1個いれています。入っていなければお手数ですがご連絡くださいませ。

 

パンをデザインしたフェーブ。

こういうデザインは常々良く出来ているなぁと感心しきり。

大きさの比較のために100円硬貨を置きました。100円硬貨はガレット デ ロワには入れません。

パン

皿に載せたお菓子の数々。

皿のせお菓子

 

 

置時計。選んでいるときはさほどでもなかったのですが、実際に見てみると結構良い作り。今回好みのシリーズ。

 

置時計 馬。サラブレットやポニー、ばんば、くらいしか知りませんがもちろん種類は多くいるのですね。表情豊かでこちらも良く出来ています。

馬

追記。

この記事を書いた後にも良いフェーブを得ることができました。

ディズニーキャラクターとハローキティをモチーフにしたフェーブです。

何が入っているかはお楽しみ、ということで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です